キャンプ3日目 太陽の暖かさ

1日目 雨のと戦い(http://coordisports.com/blog/1550)

2日目 自然とともに生きる(http://coordisports.com/blog/1680)

 

早いもので、あっという間の3日間。

雨に濡れてしまった色々な物たち。

テント。

そして忘れ去られた持ち物たち(笑)

色々なものの帰り支度です。

子どもたちにとっては面倒なことです。

が、とても大切なことです。

物事には「終わりよければすべてよし」という言葉がありますね。

テントはびしょびしょですが、幸い天気が回復し晴れてきました☆

三日目となれば、子どもたちはもう仲良し☆

3日友達と寝食を共に過ごすことなんて、なかなかないですからね。

いびつなおにぎりたち☆

旨そうでしょ☆

可愛いおにぎり☆

テントの片づけ、荷物の整理。

帰り支度をドンドンしていく子どもたち☆

はやいはやい。

あっという間に終わってしまったので、最後に少しだけ、川へ!!

足を入れて、少しだけ。

でも子ども達は「着替えあるからー」

ばしゃばしゃ(笑)

そうだよねー遊び足りないよね…

そうだよねーもっとやりたいよねー

ごめんなーと思いながらも。

また来年きましょう☆

最後はキャンプの振り返り。

班ごとに、どうだったのか、何かチャレンジできたかなー?

何が愉しかった?

と。

 

各班共に1~6年生までいて、それぞれの感想や反省を聞くこと

これもとても勉強になる。

学校では各学年で宿泊学習はあるかもしれないが、こうやって異学年での体験はない。

お兄さんお姉さんの反省を聞いて、こういうことを考えているのかーと感心したり。

逆に、低学年の子の感性に高学年の子が驚かされることもある。

また班付きの大学生が子どもたちにどのような話をするのか。

私はこの時間がとても好きです。

「話」という「言語」を通して人間は「自分の想い」を共有できる。

どんな想いでも、それは唯一無二の自分の想い。

それをアウトプットすることで、みんなと共有できる。

スポーツに限らず、とても大切な能力で、生きていくうえで一番必要な「共感する」ことができる。

キャンプ場を後に。

帰りのバス。爆睡(笑)

爆睡2

まだまだ元気☆

武蔵五日市で裏方で動いてくれた「アンディー」とお別れ。

去年はここから人身事故がありましたが、あっという間に新宿駅☆

初めて親元を離れた子もいました。

泣いている保護者の方もちらほら。

離れてわかることってあると思います。

親になってみてわかることがたくさんあります。

子どもって本当に大切で。

本当にいとおしくて。

本当にありがたいのだと。

子どもがいてくれるから、家庭が明るくなり、騒がしく、そして暖かい。

そして、子どもたちにも感じてほしい。

親がいてくれて、そして暖かい家に帰ることができる幸せ。

おいしいご飯が食べられて、あったかい布団で寝られる幸せ。

色々と大変な3日間でした。スタッフの皆に支えられ、

班付きの皆がいてくれて、子どもたちは安心だった☆

高校生の3人がいてくれて、子どもたちはスムーズにキャンプができた。

そして、順大の同志の皆がいてくれたから、今年も無事に子どもたちとキャンプできました☆

ありがとう☆

そして、また来年もあることを信じて、います☆

 

寺尾 大地

寺尾 大地

[ゴリラコーチ] 愉しいことは続きます!上手くなることも大切ですが、身体を動かす愉しさを一緒に味わいましょう!!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP