キャンプを通しての「感謝」と「暖かさ」

毎年、キャンプを開催させていただくたびに。

学びがある。

それは非日常だからこそ感じる事であると同時に

日常への感謝

です。

特に子どもができ、親となり、その想いは毎年強くなります。

子どもができ、生活の中心が子どもになりました。

就寝時間は19:30(笑)

起床時間は3:30(笑)

でも子どもとともに生活していると、本当に驚かされることがたくさんある。

それは色々な成長である。

子どもの成長は早い。

日々進化している。

それに伴い。

親も進化、成長する。

まさしく子育てである。

「子育てとは、子どもを育てる」ではなくて

「子どもに育てられている」と感じる。

今回色々な子どもが活動に参加してくれた。

とても有難い。

キャンプ場での子どもたちに少し話をさせていただきました。

日々に感謝してほしい

ということ。

今回色々な体験をして、感じることはそれぞれ沢山あると思う。

当たり前にご飯がでてきて、当たり前に暖かい家があって、あたたかい布団で寝れること、そして当たり前に家族がいることが

当たり前ではなくて、とても幸せなこと」であること。

どれもとても大切で、どれもとても有難いこと。

そして何より、

家族がいてくれるからこそ、生きていける。

その気持ちを忘れないでほしい。

それは我々親もそうであると。

子どもがいてくれるから、毎日にぎやかに、そして毎日幸せであるのだと。

幸せの形は人それぞれであるが、家族がそばにいてくれて、他愛ない話で笑いあったり、喧嘩したりできるってことが

とても幸せなんだと感じることが多い。

今回子どもたちも「親がいない非日常」。

大人たちも「子どもがいない非日常」。

そのなかで

「日常への感謝」

が感じられたのではないか。

そんな3日間になったのなら大成功だと!!

 

本当に参加してくれた皆様

スタッフの皆

皆さんの協力があって終えることができました。

重ね重ねにはなりますが、ありがとうございました!!

そしてありがとうございました笑い

今後ともよろしくお願いいたします!!

最後にスタッフの紹介(今更)笑

☆班付き☆

なっきー

レオ

アラン

リキ

いなげー

〇ボランティアスタッフ〇

ラムネ

エリザベス

コブラ

 

 

☆マネジメントスタッフ☆

アンディー

アポロ

 

△プログラムディレクター▽

アレク

自由人

レッド


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です