キャンプ1日目 雨との戦い。

今年も開催させていただきました☆

「わくわく青空キャンプ塾2017」

 

新宿駅に集合!!

今年は子ども29名、大人12名の総勢41名でのキャンプとなりました☆

まだまだ緊張気味の子ども達。

それもそのはず、ほとんどの子が初対面!

普段は別々の教室に通ってくれているので。

あえて、知らない人同士を班にします。

緊張気味な子どもたちもいつもと違っていいですね(笑)

そして、これからどのようなケミストリーいや変化が見られるのか楽しみです。

キャンプといえば、普段とはちがう「非日常」。

知っているメンバーで行くのも良いですが、よりよい経験として残していきたいので。

普段は僕らもコーチや先生と呼ばれていますが、この日ばかりは

キャンプネーム(キャンプでのニックネーム)です。

私は「レッド」→ただの赤好き(笑)燃え滾る熱い情熱の持ち主なので…

修平コーチは「アレク」→アレクサンダー大塚というプロレスラーから、小学校の時のあだ名

というような感じです。

電車を乗り継ぎ武蔵五日市へ。

そこからさらに奥地へバスで向かいます!

バスから降りてキャンプ場へ☆

まずはどんな川なのか見にいきます。

東京都は思えないくらい透明な川です。

まずは火おこし。

木の棒と、板をこすり合わせて、摩擦を起こし、火の赤ちゃんを育てます!!

火の赤ちゃんができたところで、綿に移し、やさしく息を吹きかけます。

そーっと、そーっと。

点火!!

点火2!!

無事全班点火!!

皆の力でつけた火を命の火として3日間使い続けます。

絶対消えないロウソクに灯しました。

子どもたち「絶対消えないんだよね?」

「消えたらどうする?」

「消えないから大丈夫。」

「雨降っても、台風が来ても大丈夫?」

「3日間見ててご覧!」

火を熾したら、ひつけの練習。

がしかし、ここで、雨がぽつりぽつり…

急いでテントづくり。

寝床を作らないと…

皆河童…かっぱをきろー。

これからが悪夢の始まりでした。

雨の中テントづくりに励みますが。

初めてテント作る子ばかり。

ずぶぬれになりながらテントを必死に作る。

が、テントの中までびしょびしょ…

そこで活躍したのが卒塾して高校生スタッフとして参加してくれた3人でした!!

莞宇くんと亮くんはテントの浸水チェック、そして寝床づくり!

 

さくらちゃんは食事作りを!!

3人の働きで何とか無事に消灯することができました。

もう雨がひどくて、寝床はびしょびしょという最悪の事態でした。

が子どもたちが無事にねることができたのも、3人のおかげでした。

写真を撮ることもできないくらい大変でした。

が、子どもたちも挫けず、よく頑張りました!!

1日目は雨との戦いでした…

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です