fbpx

3人子育てエッセイ『基本、食べる寝る以外は動いてます』第71話。

男の子ってみんなそうなの?食べる寝る以外は動いているうちの3兄弟。よく食べて、よく転んで、よく笑って、よく泣いて、よく寝る。そんな3兄弟との何気ない毎日をエッセイという形で残したい。共感したり、クスッと笑ってくれたら嬉しいです。


第71話:最初で最後の親子遠足の巻


 

晴れたぁー!!次男、幼稚園生活最初で最後の親子遠足。本当は1週間前のはずが、雨で延期。それから毎日祈るように週間天気予報を見ていた。晴れて、適度に風もあり、外での活動にはもってこいの日になった。

三男を一時保育に預け、次男と二人自転車で目的地へ向かう。次男と二人きりの時間は滅多にないので、わたしはウキウキしていた。たわいもない話が成立することにもなんだか次男の成長を感じた。

無事、集合場所へ着き、担任の先生が待つところへ走る次男。嬉しそうだ。わたしはと言うと、三男がいないので、お母さんたちとゆっくり話ができた。とても新鮮で愉しい時間だった。親子遠足スタート。みんなで体操したり、親子で協力してボール運び競争をしたり、カードめくりゲームをした。次男と全力で愉しめることが本当に嬉しくて、わたしの方がはしゃいでいたかもしれない。

プログラムが終わり、自由時間。実は、次男と自転車で向かう時に「お昼ご飯は二人でどこかに食べに行こう!」と話していた。二人っきりで外食なんてこれまた滅多にできないこと。これには次男も親子遠足と同じ、いや、それ以上に喜んでいたように見えた。自由時間になった途端、「あとどれくらいで食べに行ける?」と聞いてきた。「30分くらいだよ。」と伝えたそばから、「ま〜だあ〜」と聞いてくる。もう頭の中はお昼ご飯でいっぱいのようだ。

次男が産まれた時は、長男がまだ幼稚園に入っていない時。ちょうどトイトレをやったり、長男自身いろんなことをやってみたいけどうまくいかなかったり、自我が強く出る頃。そんな長男に付き合うことが多く、いつも抱っこ紐の中で大人しくしていた次男。やっと歩けるようになって、いろんなものも食べられるようになって、言葉が少しだけ出てきた頃に三男が産まれた。現在進行形だが、長男に起こることは全て初めてのこと。それと並行して、新生児三男のお世話が中心となった時も次男は三男に付き合う生活スタイルになっていた。そうなのである。次男は兄と弟の予定に合わせてもらうことが絶対的に多くなっているのである。そんな次男との二人っきりの時間。愉しみしかない。

親子遠足が終わり、早々に公園を後にして、ファミレスへ向かった。好きなハンバーグを注文して、二人でドリンクバーへ向かう。ドリンクバーのボタンも上手に押せるようになった次男。向かい合って、たわいもない話をして、ご飯を食べて・・・、泣きそうになった。なんだかんだ、いつも怒られることが多い次男。こうやってゆっくり向かい合ってご飯を食べられる幸せな時間に母さんは一人ひそかに感動していた。

そんな愛おしい時間もあっという間。気がつけば三男殿のお迎えの時間。ゆっくりしすぎて、必死に電動ではない自転車を漕ぎまくったわたしは、次の日、嬉しい筋肉痛に襲われた。

 

3人子育てエッセイ『基本、食べる寝る以外は動いてます』をよろしくお願いします。

☆毎週金曜21時更新☆

寺尾 美佳

寺尾 美佳

[かあさん栄養士 みかコーチ] 食生活から一緒に愉しいを創っていきましょう!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP