fbpx

3人子育てエッセイ『基本、食べる寝る以外は動いてます』第33話。

男の子ってみんなそうなの?食べる寝る以外は動いているうちの3兄弟。よく食べて、よく転んで、よく笑って、よく泣いて、よく寝る。そんな3兄弟との何気ない毎日をエッセイという形で残したい。共感したり、クスッと笑ってくれたら嬉しいです。


第33話:長男の自由研究2021


 

長男は小学1年生。小学生、初めての夏休み。昨年と違うことは、宿題があること。わたしもどうすれば良いのかと思い、終業式の日、学校から帰ってきた長男とゆっくり話す時間が取れたので、色々聴きながらどうやって夏休みを過ごすのか考えてみた。

長男はもらってきたプリントやらドリルをランドセルから出す。わたしも一緒にどんなことをやらなきゃいけないのかを確認した。長男は先生の言葉を正確に伝えてくれた。「1日で終わらしちゃいけないんだって!毎日ちょっとずつやるんだって!」と。おぉ、素晴らしい。となると、どうやって進めていくかと考えた時、長男だけの夏休みカレンダーなるものを作成してはどうかと考えた。画用紙に日付と曜日を書いた。「じゃあ、○○からやる」と言うので記入した。大体予定がたった。「自由研究はどうするの?」と聴いたらなんと「もうやりたいことがある!」と返ってきた。びっくりした。詳しく聴いてみるとサッカーゲームなるものを作りたいと言っているではないか。大まかな構想を聴きながら、鉄は熱いうちに打っておかないと思い、次の日、100均へと足を運んだ。透明なA4サイズの書類を入れられるかごをフィールドに見立て、ゴールはスポンジ、人は磁石で作るとやる気に満ち溢れていた。

帰宅し、早速作り始めた。やりたい思いとは裏腹に、思っていたようにはうまくできない歯痒さがあり、「おかあさん、やってよぉ」と言ってきた。ぎょぎょ!と思いながら、とりあえず話しを聞く。「こうしてみたらどう?」とアドバイスしながら少しずつ形にしていく。「今日はもうやめる」となり、その日以来、2週間ほど放置されていた。

長男と二人で話せる時間が再びやってきた。それとなく自由研究のことについて聴いてみる。聴いてみると言いながら、ニュアンスは「まだやらないの?」だったかもしれない。やる気になった長男と再びうまくいかなかったところについて考える。「こうしたらいいかも!」といくつか良いアイディアが出てくる。前よりスムーズ進み、完成となった。とても嬉しそうだったのでわたしも嬉しいのと、ホッとした気持ちがあった。

作成途中に長男のことでいくつかわかったことがあった。長男は自分自身で絵を描くことを苦手だと思っていたこと、ボンドの匂いがとてつもなく嫌いなこと、結構なんとかなる主義だったことである。自分が思っていた長男の性格や好きなことや嫌いなこと。当たり前だけど、日々変化してるのだと感じた。あなどれない自由研究。長男自身もたくさん勉強になったと思うが、それ以上にわたしもたくさんの収穫があった。

新学期が始まり、友達の自由研究や5・6年生の自由研究をみる時間があったらしい。目を輝かせながら「6年生の自由研究はすごかった!あんな風にやってみたい!」と意欲満々であった。どこかの雑誌で毎年自由研究は親が大変だという記事を読んだことがある。心のどこかで、どうなるやらと身構えていたが、子どもの興味関心ごと、好きなことを日頃から見ておくことが、どうも自由研究の鍵になりそうだ。

 

3人子育てエッセイ『基本、食べる寝る以外は動いてます』をよろしくお願いします。

☆毎週金曜21時更新☆

 

寺尾 美佳

寺尾 美佳

[かあさん栄養士 みかコーチ] 食生活から一緒に愉しいを創っていきましょう!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP