fbpx

子育てエッセイ『基本、食べる寝る以外は動いてます』第19話。

男の子ってみんなそうなの?食べる寝る以外は動いているうちの3兄弟。よく食べて、よく動いて、よく転んで、よく笑って、よく泣いて、よく寝る。そんな3兄弟との何気ない毎日をエッセイという形で残したい。共感したり、クスっと笑ってくれたら嬉しいです。


第19話:水たまりとあったかいシチュー


 

次男お迎えの時間。天候、強めの雨。選択肢は二つあった。旦那が午後から事務仕事のため、家に車があった。車か徒歩か。もちろん、三男付き。わたしは、レインコートと長靴を履き、三男をおんぶして徒歩で幼稚園へ向かった。

勝算はあった。その日の夕食はシチューにすることを前日から決めていた。数日間、初夏のような気温だったのだが、今日は雨が降って気温が下がることも事前に天気予報でチェック済みだった。電子レンジの上にロールパンやフランスパンが置いてあり、目ざとい次男は「いつ食べるの?」と聞いてくる。「明日の夜ごはんはシチューにするから、その時に食べよう!」と答えると、「おにーちゃーん!」と兄に一部始終報告へ向かう。シチューの日は、ご飯ではなく、主食をパンにしている。うちは休日の昼食にパンを食べることが多いので、夕食にパンが食べられると子どもたちは喜んでいた。

さて、本題に戻るが、わたしにとっての勝算はお迎えの前に夕食の準備が終わっているということ。この雨の中、三男をおんぶしての徒歩は負担が大きい。自分で大変な方を選んだ。夕食の支度はおさえておきたかった。それに加えて、家を出る前にお風呂のスイッチを押していったこと。雨でびっしょりになって帰ってくることがわかっていたので、すぐにお風呂に直行して温まろうと思った。

次男を迎えに行くと、必ず「今日は何で来たの?」と聞かれる。だいたいは歩きなのだが、小学生の長男の帰宅時間の関係などで自転車でのお迎えになる日もあった。「自転車だよ。」と言うと「やったぁ~」と喜び、「歩きだよ。」と言うと「なんで~、いやだった。」とぐずる。そこまでがもうワンセットになっている。本日は後者だが、わたしの心には余裕があった。夕食のことを考えないで済むというのはやっぱり楽だ。

そんな心の余裕もあり、帰り道に次男とやりたいことがあった。次男は水たまりが大好きなのである。結構な雨が降る中、水たまりに入るなと言うのもおかしな話で、帰り道の公園を横切る。水たまりがたくさんできていた。わたしが進んで入りに行くと、次男の目が輝いた。そしておもいっきり水たまりに直進していき、おもいっきり長靴の中に水が入っていた。それでも次男はニコニコして歩いていた。「水たまり、すごいね~!!!」興奮気味に何度も話す。ここ最近の降園で一番たのしそうだった。そんな次男の顔が見られてわたしも嬉しかった。わたしは人がいなかったのでマスクを外し、雨を浴びながら、水たまりに突進。普段味わえない面白さとなんだか懐かしい感覚。面白かった。背中の三男は激しく横揺れし、これまた興奮していた。

家に着いたわたしと次男と三男はびっしょり。次男の長靴の中は水浸し。園リュックの中も水が溜まっていた。三人であたたかいお風呂へ直行。こんな日もあっていいよなぁ~と穏やかな気持ちで、いつもより長くお風呂に浸かる。そして、夕食時。パンと一緒に食べたシチューがとても美味しかった。

 

子育てエッセイ『基本、食べる寝る以外は動いてます』をよろしくお願いします。

☆毎週金曜21時更新☆

寺尾 美佳

寺尾 美佳

[かあさん栄養士 みかコーチ] 食生活から一緒に愉しいを創っていきましょう!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP