【ゲームの○×】運動神経鍛えるゲームとは?

愉しいを創る!コーディスポーツの修平コーチです。

今回は【ゲーム】についてのお話を。

何を隠そう修平コーチ、子どもの頃からゲームが好きで、結構な時間をゲームに費やしてきました。

母親から叱られることも少なくなく、よく「目が悪くなるよ!」と言われて育ってきました。

でもふと

「目悪くなってないぞ?」

と思い、考え始めたら

「ゲームって良いの?悪いの?」

と答えの無さそうな壁に衝突しました(笑)

 

子どもを持つ親御さんならきっと多くの方が[子どもとゲーム]の問題に頭を抱えていることと思います。

そこで少しだけ情報をまとめ、思ったことを書かせていただきました。

また、コーディスポーツとして胸を張ってオススメできるゲームもご紹介させていただきます!


【ゲームの○×】データから見るゲームの良し悪し

国立国会図書館の情報ポータルサイト「カレントアウェアネス・ポータル」では読書やテレビ、テレビゲーム、インターネットが与える心理学的な影響を、多くの研究結果をまとめることで公開しています。

今回はゲームの話ですので、テレビゲームについてかいつまんでまとめますと

 

○空間視覚化や情報処理能力を高める

○社会的不適応を低減する

×暴力的テレビゲームをすると攻撃的を高める

×共感性が低下する

 

という研究結果が示されています。

良い点もありますので、一概に「テレビゲームは悪!」とは言えませんね。

個人的にはストレス解消にもなっていますし(笑)


【理由】なぜゲームに“ハマる”のか

ここからは私見です。

様々な見方ができますが、子どもがゲームに“ハマる”理由は

「不確実性」「成功体験」

があると思います。

簡単に言い換えると、思い通りになるかわからない、ということです。

ただし基本的にゲームはクリアすることを前提として作られているので、「不確実性」を持ちながらもクリアすることから「成功体験」得られます。

この「不確実性」「成功体験」が絶妙なバランスで作られているのがゲーム。

一見クリアが難しそうなことでも、必ずクリアする道が隠されている。

だからクリアができ、「成功体験」を積むことができる。

ゲームを作っている方々の努力の賜物ですね。


【ゲームの種類】日常に「不確実性」「成功体験」

じゃあ「不確実性」「成功体験」がバランスよく混合されているのはテレビゲームだけなのでしょうか?

答えはNoです。

世の中には実に様々なゲームがあります。

たとえばオセロや将棋などのボードゲーム。

トランプやウノなどのカードゲーム。

スポーツもゲームのひとつです。

料理が美味しくできるか?という課題も、「不確実性」「成功体験」が混合していると捉えれば、ゲームのように愉しむこともできるでしょう。

そして、コーディスポーツとして胸を張ってオススメできるゲーム、それは「昔遊び」です。


【イチオシ】コーディスポーツのオススメゲーム

けん玉やお手玉、めんこ、コマなどの昔遊び、これらは立派なゲームです。

「不確実性」「成功体験」も混在しています。

そして何より、運動神経を鍛えられます!

 

①けん玉

けん玉は道具を自在に操る感覚やバランス感覚が鍛えられます。

ラケットスポーツや野球、ソフトボールなどの道具を使うスポーツにつながります。

 

②お手玉

お手玉は同じ力で投げ続けることが要求されます。

力加減(調整力)という動きは、あらゆるスポーツに活かされますね。

 

③めんこ

めんこは腕をムチのようにしならせることが必要なので、投げる動作(野球のピッチャーなど)が上達しますね。

 

④コマ

コマは手首のスナップが上手に回せるかの鍵です。

スナップも投げる動作に必要な動きですね。


【積極採用!】日常に身体を動かすゲームを!

昔遊びは大人も子どもも一緒になって愉しめるとても良い「ゲーム」です。

テレビゲームももちろん良いところもあります。

でも、たまには家で過ごす時間に運動神経を鍛える“昔遊びゲーム”も取り入れてみてはいかがでしょうか?

お手玉は教室のウォーミングアップなどでやることもありますので、ぜひ練習しておいてくださいね。


【登録無料】子育てお役立ち情報

↓コーディスポーツの公式LINEアカウントはこちら↓

☆コーディスポーツ公式LINEアカウントに登録する☆

*登録は無料で簡単にできます。

*解除もいつでもできますので、お気軽にご登録ください。


【お知らせはこちら】各種SNSで情報発信中!

Facebookはこちら

Twitterはこちら

Instagramはこちら

Youtubeページは↑画像より

大塚 修平

大塚 修平

[どもりコーチ]かつてはスポーツや会話が苦手でしたが、今は大好き!苦手でも大丈夫。一緒に愉しいを創りましょう!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP