fbpx

4歳児の運動遊び【室内編:7つご紹介】

こんにちは、愉しいを創るコーディスポーツです。

今回は、雨天時やちょっとした空いた時間に、おうちの中など室内で行える運動遊びをいくつかご紹介します。

本記事では「4歳児向け」の運動遊びを紹介していきます。

お家にあるものでできるものばかりなので、ぜひぜひ参考にしてみてください^^!!

4歳児の発達について【運動遊びを始める前に】

4歳児になると、下記のような発達が見られるようになってきます。

・想像力がより豊かに
・好奇心がどんどん育つ
・感情が豊かになり自意識が高まる
・約束事やルールの理解度が深まる
・気持ちのコントロールをするようになる
・かんたんなルールの遊びができるようになる

このように、内面的にも一気に成長していく時期でもあります。

ですので、運動遊びにおいても子どもの主体性を尊重してあげつつ、自主的に想像力豊かに楽しめるようなものを取り入れていきましょう。

4歳児のからだの発達の目安

下記のとおりです。

・全身のバランス感覚が整ってくる
・走る時の動きの安定性が高まる
・走る、ジャンプする、転がるなどの基礎的な運動能力が高まる

また、日常においては一人で着替えなどもスムーズにできるようになる時期ですね。

上記のようなことを意識しつつ、室内でできる運動遊びを次項では7つ紹介していきます。

4歳児におすすめの運動遊び【室内編:7つご紹介】

今回紹介する運動遊びは、下記のとおりです。

①ヘビさんジャンプ
②動物マネっ子遊び with なわとび
③寝転びじゃんけん
④手押し車
⑤前転
⑥ビニール袋リフティング
⑦ギリギリドキドキ!ボールをよけろ!

すべて室内でできるものですが、十分なスペースをしっかりと確保してケガのないように注意してくださいね!

それでは、順番に解説していきます。

①ヘビさんジャンプ

【準備するもの】
なわとび(ロープでもOKです)

【方法】
なわとびを左右へニョロニョロ動かし、ヘビに見立てて遊びます。
はじめは、あえてなわとびは動かさないで「今ヘビさんは寝てるから静かに踏まないようにね〜」などと声かけをすると、静かに歩いたりジャンプしたりと、子どもたちも想像力を持って取り組めます。
最後は「ヘビさん起きちゃいました〜」などと声かけをしてなわをニョロニョロさせて「踏まないように飛び越えてね!」と言えばより楽しく取り組めます。

②動物マネっ子遊び with なわとび

【準備するもの】
なわとび(ロープでもOKです)

【方法】
これは文字通り、さまざまな動物のマネをして遊びます。
例えば、下記のような動物です。
犬・猫:ハイハイ
ワニ:腹ばい歩き
ペンギン:かかと歩き
ウサギ・カエル:ジャンプ
くま:膝を上げ四つん這い歩き
ラッコ:仰向けに寝て、足だけを使い頭の方向に進む
アザラシ:うつ伏せになり、手を伸ばし、手だけの力で移動
このように、動物に見立てていろいろな動きを遊びながら経験できます。

そして、その際になわとびを使い「なわにさわらないようにね〜」と声かけをして、動物のマネをしてもらいます。

なわとびは動物の動きに合わせて、地面に置いたままにしたり、空中に浮かせてその下をくぐらせるようにしたりと工夫してみるとより楽しめますよ。

室内でもさまざまな動きができるので、とてもおすすめの運動遊び。

慣れてくると子どもも自分で「この動物がいい!」と言って積極的にやるようになったりします。絵本などを使いながら、上記以外の動物もいろいろ試してみてくださいね^^

③寝転びじゃんけん

【準備するもの】
布団 or マットなど(カーペットなど下が柔らかければなくてもOKです)

【方法】
2人で向かい合って座り、仰向けに寝ます。その姿勢のまま、両足を上げてじゃんけんします。
ちなみにグー・チョキ・パーの形は下記です。
グー:両足をそろえて上に伸ばす
チョキ:足を前後に開きます
パー:足を外に大きく開きます

じゃんけんする時はしっかりと「じゃんけん、ポン」などと声かけをしてあげるか子どもに言わせてあげてもいいですね。

足はずっと上げたままではなく、じゃんけんごとにおろして休んでいいよーなどと声かけをしてあげてください。

この運動遊びではバランス感覚を養えます。

④手押し車

【準備するもの】
布団 or マットなど(カーペットなど下が柔らかければなくてもOKです)

【方法】
1人は床に手をついて四つん這いのような姿勢になり、もう1人がうしろに立ち四つん這いになっている子どもの両足を持ち上げます。(太ももか足首を持ちます。)
そのまま、前にゆっくり進みます。手をついている子は、手の力だけで前に進みます。その際、下を向かずに顔を上げるように声かけをしてあげてください。
※押す側が、スピードを出しすぎないように注意しましょう。
腕の支持力を鍛えられます。

次の3つの運動あそびは、弊社コーディスポーツのYouTubeチャンネルの中から4歳児向けに厳選してご紹介します。

親子で取り組んでいただきたい運動遊びとしてもおすすめしています!

⑤前転

【準備するもの】
布団 or マット


この運動遊びでは、下記のような能力を高めます。

①身体を丸める感覚
②起き上がる時の体幹の力

さきほど紹介した「手押し車」と「前転」を組み合わせ方法もあるのでぜひチャレンジしてみてください。

⑥ビニール袋リフティング

【準備するもの】
ビニール袋

この運動遊びでは、下記のような能力を高めます。

①対象物との距離を測る能力
②足を自在に扱う能力

⑦ギリギリドキドキ!ボールをよけろ!

【準備するもの】
タオル


この運動遊びでは、下記のような能力を高めます。

①反応能力
②集中力

以上、室内でできる4歳児におすすめの運動遊び7つをご紹介しました。

まとめ:4歳児におすすめの運動遊び【室内編】

いかがでしたでしょうか?
ぜひ、子どもと楽しく一緒に運動遊びをしてみてくださいね!


弊社コーディスポーツのYouTubeチャンネルでは、室内でカンタンに取り組める運動遊びの方法をたっぷり紹介しています。ぜひご覧ください^^

>>コーディスポーツのYouTubeチャンネルを見てみる


【お問い合わせはこちら】

↓コーディスポーツの公式LINEアカウントはこちら↓

*登録は無料で簡単にできます。
*解除もいつでもできますので、お気軽にご登録ください。


【子育て情報満載!】各種SNSで情報発信中!

Facebookはこちら
Twitterはこちら
Instagramはこちら

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP