うごく!

ますます寒さが増して、なかなか動くのが億劫になる季節ですね。

「うごく」とは「重」と「力」という形でできていますね。

重いものを力でというイメージがあって、なんだかかったるいイメージに感じるのは私だけでしょうか?

IMG_8580 (1280x853)

最近子どもたちから「疲れるから動きたくない」とか「だるい」とかっていう言葉をよく耳にします。

これって大人もそうですよね。

動くのって疲れるし、やるまでに時間がかかるし、なにより場所も一緒に友達もなかなかいない。

ことが多いです。

 

今の日本では、特に子どもの時期においてこの「時間」「空間」「仲間」という「三間」が減少しているという指摘がされています。

しかし、子どもだけに限ったことではないですね。

大人もなかなかこの「三間」の減少は著しい。

 

さて今日触れたいのはその中でも「仲間」についてです。

 

「仲間」と一言言っても、これをゼロから作るのって難しいですよね。

でも人って一人では生きていけないから、必ず「仲間」が必要なんです。

そしてどんな「仲間」が欲しいのか、この人だったら仲良くできるな。
と思って「仲間」になる。

そうやって集団は作られていくと思うんです。

 

いままで学生の時、仕事で、またプライベートで色々な方々にお会いして、感じるのは。

「うごく」ことで、新たなつながりができたこと。

それには、めんどくさがらずに「自分から動く」ことなんだと思います。

 

この「自分から動く」ことって人生で一番必要で、一番大切なことなんだと。
子どもたちにも、「自分から動く」ことを実践できるようにしています。

準備も片づけも、あいさつも。

スポーツだけではない。

運動だけではない。

運動ができなくたっていい。

スポーツができなくったっていい。

そんなの問題じゃない。

 

できるできないは能力の差。

自分で動いて、人の為に動くことができる。

そんな子どもたちをそだてていきたい。

 

そのためには私自身がまずは、子どもたちに見本を見せなくてはいけない。

子どもたちに関わる指導者として、まずは見本を。
IMG_7774 (1024x683)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です