反抗期=かわいい☆

よく子どもは小さいころ可愛いのに、大きくなると可愛くない。

憎たらしい。

そういう言葉が多く聞かれます(笑)

確かに小学校高学年になり、中学生になると反抗期を迎えます。

「うるせぇばばー」

とか

「なんだよ。わかってるよ。」

「めんどくせー」

どれも言葉面では、腹の立つ言葉たちです。

これを面と向かって言われたら

「カッチーん!!」

 

ときます。

だって人間だもの。

売り言葉に買い言葉です。

こういう言葉があります。

子どもが反抗するのは、子どもが順調に育ってきている証拠

まさしくその通りですね。

親に反抗して、周りに反抗して、社会に反抗してそうやって大人になっていくのですね。

魔の2歳児と言われる

第1次反抗期。

思春期と言われる

第2次反抗期

どちらも言葉面でとらえると何だかおっくうになります。

 

でも考え方ひとつで大きく変わります。

本質を見極める事

です。

「うるせーなー」は「おはよう!」

「わかってるよ」は「俺はげんきだよー順調にそだってるよー」

というサインです。

 

息子は魔の2歳児真っ只中ですが、

「やだー」=「はい!!」と置き換えます。

すると…

全くイライラしません(笑)

 

世の中が、魔の2歳児に仕立て上げているのだと感じます。

言葉だけでない、子どもの心をみることが大切なんだと。

子どもは思った通りには育ちません。

そういうものだから。

だったら、どう子どもたちとむきあうのか。

思い通りに育ってほしいのなら、行動から示していかなければならないのです。

勉強してほしければ、親が勉強している姿を見せる。

運動が好きになってほしければ、一緒に運動すればいい。

それを口先だけで言っても子どもはわかっています。

なーんだ口だけだなー。

見本を見せ続ける指導者・親でいよう☆

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です