表裏一体。

僕の専門種目は野球です。

野球は小学校5年の冬に友人に誘われて始めました。

野球を始めた年齢は遅かったです。

それまでは、土日遊びまくってました(笑)
外で、児童館で、土手で。学校で。

サッカー、野球、バスケ、鬼ごっこ、自転車レースなどなど。
気が付けば、外が暗くなるまで。
そんなの僕らの時代では当たり前でした。

今は公園でもゲームをやっている子どもたちがたくさんいます(笑)

現代では、小さいころからの教育が良いとされ、小さいころから習い事を沢山している方も沢山います!
それはそれで、とても良い面もあれば、悪い面もある。

物事は、良い面があれば、必ず悪い面があります。
必ず。

我々の世界では、割と有名な研究結果が出ています。
運動を強制的にやらせている幼稚園に通っている子は
運動を強制的にやらせていない幼稚園の子よりも運動能力が低い。
というものです。

運動をさせている幼稚園よりもさせていない幼稚園の方が運動能力が低い。
それってどうしてなのでしょうか?

様々な要因が考えられますが。
人間は心を持っているからだと僕は考えています。

とある保育士さんとお話しさせていただいたのですが。
その保育士さんが以前勤めていた幼稚園では、体操が嫌いで登園したくないって子が何人もいたそうです。

その理由は僕には、はっきりとはわかりません。
ひょっとしたら私もそういう風に子どもたちに思わせてしまっているかもしれません。
それもわかりませんが。

運動をスポーツや自分の自己満足の為に教えていた場合、子どもたちがどういう風に考えて、感じているのかを忘れてしまっているのかもしれません。

人間には心があります。
小さいから、子どもだからと甘く見ていると、痛い目にあいます。
私たち大人と同様に「心」があるのです。
その「心」を見ずに、「心」を育てずに、技術だけを育てる。
それでいいのか。
私は「心」をみて、「心を育てる」そういう指導者でいたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です