子育て

世の中のお子様を授かり、産み、育てる。

字面で書くと簡単ですが…

非常に重みがあり、そして奥がとてもとても深い。

今の時代、様々な本が出されていて、いろいろなことが言われています。

「ほめる教育が良い」

「ほめない教育が良い」

「小さいころから習い事をさせた方が良い」

「自由にしているのが良い」

等々。

本当にどれが正解なのか。

私の仕事上様々な保護者の方と対面させていただきます。

皆さん、悩んでいます。

そして日々戦っています。

 

でも、みなさん子どもの為にとおもっていらっしゃいます。

素敵なことです。

 

ですが、中には自分の体裁の為に、こどもを追い込んでいる可能性もあることもあります。

子どもの仕事ってなんでしょう?

子どもってなんで失敗するのでしょう?

失敗はいけないことなんでしょうか?

 

自分が子どもだった時のことを忘れていませんか?

失敗だらけ、いたずらだらけ、親を怒らすことだらけ。

他人に迷惑をかけずに育った人なんていないです。

 

よく親の字を

「木の上に立ち、見守る」と言います。

 

そこには、ただ見るだけではなく、

本当の意味での

「子どもの為」

というものがあると考えています。

我が家は長男が生まれて、子どもが一番の生活になっています。

子どもの寝る時間をずらさないために、朝は早く起きて、出かける時も、帰りの時間がおそくならないように気を付けています。

言葉遣いや見通しをつけること、等々

これはほんの一例です。

「子どもの為」

子どもができた以上、変わるのは子どもではなく、親の方だと。

子どもは親をえらぶことはできない。

だからこそ、子どもの為にできることはしてあげなければいけないと。

 

まだまだ未熟物ですが、

本当の意味での

「子どもの為」

を常に考えていきたいですね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です